外国人技能実習

ベトナム政府認定の送出機関、リストから2機関を削除

在ベトナム日本国大使館によると、ベトナム労働傷病兵社会省は4日、外国人技能実習機構に対し、2つの送出機関について日ベトナム間の技能実習制度に関する協力覚書に基づく認定送出機関リストから削除する予定であることを通知した。

これを受けて6日以降、外国人技能実習機構に対して技能実習計画の認定申請を行う際に、同2機関を送出機関として利用することができなくなった。

削除対象は、ベトナムTTC人材株式会社(TTC Viet Nam Human Resources、ハノイ市)とベトナム人材接続会社(Viet Human Resources Connection、ハノイ市)の2機関。

これに先立つ2018年、日本政府とベトナム政府が2017年に署名した技能実習に関する二国間の協力覚書(MOC)に基づき、認定送出機関が選定され、外国人技能実習機構のホームページに公表された。これにより、2018年9月1日以降は認定送出機関以外からの技能実習生の受け入れが認められなくなった。

2017年の覚書は、日本の法務省と外務省、厚生労働省の3省とベトナムの労働傷病兵社会省が署名した、初の技能実習に関する協力覚書。この中でベトナム側は、送出機関の認定事務を適切に行うほか、送り出し機関の認定取消処分について日本側に情報を提供することなどを約束している。
(2019年9月10日付 VIETJOベトナムニュース掲載)

-外国人技能ニュース-
2019.9.11